足のニオイ対策LABO

足のニオイの悩みを解決するヒント集

足のニオイには「3つの理由」があった!

そもそも足の裏は汗をかきやすいパーツ。
1日にコップ1杯半ほどの汗をかくといわれています。

でも、汗だけでは、あの足の臭いは発生しません。
そこで登場するのが「角質」です。
お風呂で足の裏をこすったときに、アカがボロボロと落ちた経験はありませんか?
実は足の裏は、身体の中で最も角質層の厚いパーツ。汗をかいて新陳代謝が良くなったり、歩いて摩擦が起きたりすると、角質がはがれ落ちてくるのです。

ここで、汗に角質が加わります。
じゃあ、汗と角質だけで足が臭ってしまうの? と聞かれたら、答えはNOなんです。
足の臭いの正体として最後に登場するのが、強力な敵「雑菌」です。
足の裏は常に靴や靴下などと触れ合っているため、通気性が悪く、常に高温多湿な状態になっているパーツです。
そんなジメジメした環境では、雑菌がとても繁殖しやすくなります。
汗と角質と雑菌が合わさってパワーアップすることで、さらにイヤなニオイを発するようになるのです。

簡単にできる足のニオイ対策

蒸れて汗をかきやすく、雑菌が増えやすい足の裏。素足にヒールパンプス、ローファー、スニーカー……なんてファッションは、確実にニオイを発生させてしまいます。
(たぶん女性の皆さん、経験済みですよね!)

簡単にできる対策としては、ニオイの原因のひとつである「汗」を吸ってくれる素材の靴下を履くことです。
外にいる間はどうしても、ずっと靴を履いたままの状態になってしまうので、汗を良く吸ってくれ、
更に湿気を抑えてくれる靴下で予防をすることが大事です。

「シルク」は、汗の吸収性・放湿性にも優れています。
薄手のタイツにブーツやパンプス、なんて時は、
シルクのつま先5本指ソックスを1枚タイツの下に履いてみたり、
裸足っぽく見せたいコーディネートの時には、
消臭機能付きのカバーソックスなんかを試してみてはいかがでしょうか?

どんなに靴が可愛くても、素足がクサかったら、残念ですよね。
簡単にできる足のニオイ対策で、いつでも堂々と見せられる足元でいたいですね♪